MVNOのSIM速度比較(2017年10月)


格安SIMのMVNOを決める際、どうしても気になるのが速度ですよね。
現状把握の材料にして頂ければと以下の項目を比較一覧表にまとめています。


チェックポイントMVNO各社の評判

MVNOの各詳細ページにてTwitterからの声をまとめています。(リアルタイムのウィジットあり)


チェックポイント下り最速理論値

下り最速は理論値(ベストエフォート値)で、実際の数値とはかけ離れています。実質死語で、速度表示にも今後使われなくなる見通しとなっていますので目安としての価値は低くなります。


チェックポイントTwitter実測報告

SIM速度の測定は単体による一箇所での定点観測や定時観測でも無意味となってしまいます。
その為、該当MVNO概ねの印象を生の声から汲み取る要素として検索結果へリンクしています。

注)アプリでの測定はバースト機能により実測との誤差もあります。


チェックポイント回線・帯域補強

サービス開始からユーザー数が増えると速度は低下する為、各MVNOは帯域補強でスピードを確保・維持することになります。

この項目では
・告知によるユーザーへの配慮の有無
・速度維持対策の実施状況
を見る事ができます。
これにより現時点よりも悪化した時の改善が見込めるか否かの判断材料になります。


チェックポイント10月の顔

格安SIMはユーザー数の少ない黎明期は速く、契約数増加による低下、回線補強による復活など、時期により速度が変動します。

その為、今現在の上記項目の総合評価を感情表現のマークで掲載しています。


MVNO
評判
下り最速 Twitter検索 回線補強
UQモバイル ロゴ
評判
150
Mbps
UQ 測定 非公開
@UQ_WiMAX
いいね
楽天モバイル
評判
225
Mbps
楽天 測定 随時公開
@Rakuten_Mobile
いいね
DMM.comロゴ
評判
300
Mbps
DMM 測定 非公開
@DMM_mobile
いいね
OCNロゴ
評判
262.5
Mbps
OCN 測定 随時公開
@NTTCom_OCNmb
いいね
Tikitikiインターネット
評判
300
Mbps
tiki 測定 非公開
@tikitiki_jp
いいね
LINE mobileロゴ
詳細
375
Mbps
line 測定 未確認
@LINEMOBILE_JP
普通
ビッグローブロゴ
評判
225
Mbps
biglobe 測定 随時公開
@BIGLOBE
普通
イオン格安スマホlogo
評判
300
Mbps
AEON 測定 非公開
@AEON_MOBILE
普通
mineo(マイネオ)logo
評判
225
Mbps
mineo 測定 随時公開
@mineojp
普通
IIJmioロゴ
評判
225
Mbps
IIJ 測定 随時公開
@iijmio
普通
DTI(ドリームトレインインターネット)logo
評判
225
Mbps
DTI 測定 随時公開
@DTI_official
普通
exciteモバイルlogo
評判
300
Mbps
excite 測定 非公開
@Excite_mobile
普通
@モバイルくんロゴ
評判
300
Mbps
モバイルくん測定 未確認
@
困った
ニフティNifMo
評判
225
Mbps
nifmo 測定 非公開
@NifMo_Official
困った
ロケットモバイル
評判
225
Mbps
ロケモバ測定 未確認
@rokemoba
困った
nuroモバイル
詳 細
375
Mbps
NURO測定 未確認
@
困った


チェックポイントSIM速度の判断基準

Twitter上で見られる使用感は

普段は固定回線(又はWi-Fi)でダウンロードしている方が外で格安SIMを使用=かなり遅い

キャリア回線から格安simでSNS系(テキスト主体)の閲覧=思ったより早い
など、用途や状況によって使用感の表現が大きく変わります。


数値上で見れば5〜10Mbpsあれば普段使いには充分といえます。
また、それ以下の数値でも、家にWi-Fiがある方ならさほど問題にはなりません。

そういう意味では余程の悪評が目立つMVNOでなければどの格安SIMを選択しても問題なしといえます。

あと、
格安SIMはマイナーなところでこっそりと最速気分を味わうのも醍醐味の一つです。
端末同時購入でなければ大手キャリアのような縛りもないので、「ダメなら次へ」といったSIMサーフィンをする方も少なくありません。


チェックポイントMVNO SIM速度比較のまとめ


現状でMVNO全体に言える事なのですが、
回線はMNOの帯域を借り受けているので、回線品質(電波や速度)はMNOとMVNOに違いはありません。

MVNOの帯域内の混雑により速度の低下が生じます。

従いまして、MVNOの帯域補強(借り受ける帯域の幅を増やす)の有無によって違いが出てきます。

速度が遅いという評判もMVNOの対応(帯域補強)次第で良くも悪くもなります。


以上を踏まえて以下がまとめになります。


現在

速度が安定して速さに期待できるMVNO

UQ mobile
DMMモバイル
楽天モバイル要観察

ここにきて楽天モバイルが速度上位になっています。
一部から「偽装ではないか?」との声も挙がっていますが、実際に速いという声もあり、真偽は定かではありません。

又、急激なユーザー増加で速度低下に悩まされていたDMMモバイルがここにきて復活基調です。


現在速度は出ているが今後注視したいMVNO

LINEモバイル
イオンモバイル




速度に波はあるものの運営に定評があるMVNO

BIGLOBE SIM
IIJ mio

老舗ISPでユーザーサポートには定評があります。
定期的に帯域補強も行っており速度は改善されるもののユーザー数が多い為に波があります。



隠れたオススメのMVNO

Tikimo(ティキモ)
GMOとくとくBB SIM

Tikimoは岡山で地域性の強いMVNOなのですがNTT網なので全国で利用できて穴場となっています。
Tikimoには縛りがありそれ以前の解約には違約金が発生するので契約前に確認が必要です。

GMOとくとくBBは格安SIMでは後発組ながらWiMAXで実績があり、今後に期待の持てるMVNOとなっています。



MVNO各社も「実際に利用して頂く為のさまざまなキャンペーンを実施」しています。

それらをうまく活用して格安スマホの醍醐味をぜひ味わってください。



SIM速度に関するまとめは以上です。
格安SIMがあなたにとって満足度の高いサービスとなりますように。