LTEモバイルキャリアの比較表


docomo au
名称 クロッシィ au4G LTE
規格 FDD-LTE FDD-LTE
開始 2010/12 2012/09
速度 37.5Mbps 75Mbps
制限 7G 7G
解除料 2G
2625円
2G
2625円
エリア docomo au

softbank ワイモバイル(旧イーモバイル)
名称 4G LTE 4G Y!mobile LTE
規格 FDD-LTE AXGP FDD-LTE
開始 2012/09 2012/02 2012/03
速度 75Mbps 110Mbps 75Mbps
制限 7G 7G 2014/05から10G
解除料 2G
2625円
なし
エリア SoftBank Y!mobile

※速度は開始した当時のベストエフォート値です。現在ではさらに速度が向上し、次期5Gも登場予定です。
MVNOを検討中の方に至っては実測値ほかでの比較検討が望ましいとされています。

※FDD-LTEについてはLTEとはにて解説。


※現在「制限」は大容量パケットの登場で実質なしと言えますが、その分料金が高くなります。
節約志向の高い方はMVNOの選択をおすすめします。



ポイント docomo Xi(クロッシィ)
NTTドコモが他社に先駆けて開発したLTEサービスです。スピードはやや落ちますが対応端末も多く、MVNO元で@niftyLTEBIGLOBE LTEといったプロバイダーに提供しており幅広く利用されています。
なかでもNTT運営のOCN モバイルd LTEはオススメとなっています。

対象MVNO
ほぼ全てのMVNOの格安SIMがNTT回線



ポイント au4G LTE
2012/09にiPhone5の発売と同時にLTEサービスを提供開始。
他キャリアにない独自技術として、音声着信時にLTEから3Gへ約4秒で切り替えるeCSFBという技術が採用されています。

対象MVNO
mineo(マイネオ)UQモバイル



ポイント SoftBank 4G LTE
混雑時の速度低下を防ぐ為に、旧イーモバイルの1.7GHz帯のLTEも利用可能になり、より快適なダブルLTEサービスを展開中です。

対象MVNO
u-mobile(ユーモバイル)


ポイント SoftBank 4G
ソフトバンク傘下のwcp(ワイヤレスシティプランニング)が提供するAXGPを採用して下り最大110Mbpsの最速LTEを提供中です。AXGPはTD-LTEとの互換性にも優れており、より快適な速度を維持するのにフレキシブルなサービスとなっています。



ポイント Y!mobile LTE
ワイモバイル(旧イーアクセス)が提供するLTEサービスで、従来のW-CDMA方式がLTEエリア外をカバーする為、幅広いエリアでの利用が可能となっています。
価格帯はWiMAX並の料金でお得なLTEサービスです。

又、ワイモバイルはMVNOでGMO、@nifty、DTIといったプロバイダーにも回線提供を行っており、各プロバイダーのキャンペーンを利用する事でさらにリーズナブルなサービスの提供を受ける事ができます。


MVNOのLTEを選択するなら


プロバイダーの提供するLTEサービスを比較で検討してみましょう!